【損害賠償命令】そんがいばいしょうめいれい

民事裁判を起こさなくても、刑事手続きの成果を利用して、裁判所から被告人に損害賠償を行うように命令を出してもらえる制度のことです。

殺人、傷害など故意の犯罪行為により人を死亡させたり傷つけたりした事件など、犯罪被害者等から被告人に対する損害賠償請求の申し立てがあったときは、刑事事件について有罪の言い渡しをしたあと、当該賠償請求についての審理・決定をすることができます。

2008(平成20)年12月にできた制度で、犯罪被害者の保護と支援を目的としています。

このページの上部へ