【契約解除】けいやくかいじょ

契約を解消させる旨の意思表示のことをいいます。

当事者で一度契約が成立すると法的な拘束力が発生し、契約を容易に解消することはできなくなります。しかし、当事者が契約解除の意思表示をすれば契約解除の効力が発生します。契約が解除されるとその契約は消滅し、契約成立前の状態に戻ります。

主な解除の類型は以下のとおりです。

・ 法定解除……債務不履行に基づく場合もしくは担保責任の追求として、法律上の要件を満たしたときに契約の解除をすることです。

・ 約定解除……一定の場合に解除できるということを当事者間で取り決めておき、それに基づいて契約を解除することをいいます。

・ 手付解除……買主が売主に支払った手付金を放棄することによって、あるいは、売主が買主に受けとった手付金を倍返しすることによって、契約解除が認められることです。約定解除の一つです。

・ 合意解除……契約当事者の合意により、契約によって生じた債権債務関係を契約前の状態(原状)に戻す契約のことです。

いずれにせよ、契約の解除権の行使は損害賠償の請求を妨げません。つまり、損害が発生している場合には、契約を解除しても損害賠償請求はできることになっています。

このページの上部へ