【善管注意義務】ぜんかんちゅういぎむ

委任契約の受任者が事務等の管理を行う場合、社会的地位または経済的地位に応じて一般的に要求される程度の注意義務を負うことになります。これが「善管注意義務」です。

例えば、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士などの士業や、医師、宅地建物取引業者などの国家資格保有者のような高度な知識・技能等を持った専門家と依頼者との間で締結するのが委任契約です。この場合、専門家が依頼者に対して善管注意義務を負います。

このページの上部へ